脇脱毛には効果がなかった脱毛クリーム

いつも夏が近づくと憂鬱でした。
それは脱毛をしなければいけないからです。
私は腕や足の毛はそんなに濃くないので剃るのは簡単だったのですが、脇の毛が濃くて脱毛は大変でした。
最初脇の脱毛は剃っていたのですが、短い毛が残って剃っても全然綺麗になりませんでした。
しかも剃った後は肌が赤くなってぶつぶつして綺麗になりませんでした。
ある日雑誌の広告を見ていたら脱毛クリームがありました。
その脱毛クリームを使えば脇の毛がすっきりと綺麗に脱毛できると書かれていて、体験した人の口コミも良い物ばかりでした。
これはいいなと思いすぐに通信販売で取り寄せました。
結構高くて一本一万円くらいしましたが、これで脇の脱毛が楽になるなら安い物だと思いました。
使用説明書を読んでパッチテストをして、早速腕の脱毛で試してみました。
クリームを腕に塗って何分かそのまま待ってお湯で流しました。
すると腕の毛はほとんどなくなって、とても綺麗になりました。
これは期待できると思い脇にも同じように塗ってみました。
ところが脇の毛にはあまり効果がありませんでした。
何度か使うと効果があると書かれていたので、何度もクリームを塗って脱毛してみましたが脇の毛は綺麗に脱毛することはできませんでした。
がっかりしましたが腕と脛には効果があったので、腕と脛脱毛に使いました。

健康な歯を維持したければ、歯茎が重要。

昔から、歯医者さんの健診を受けるたびに、歯の質がいいですねって褒められていました。
自分も歯には自信を持っていて、老人になっても入れ歯のお世話にはならないで済みそう・・なんて甘い考えでいました。
ですが、私も歳を取ってきて、歯に違和感を感じるようになってきました。
奥歯が痛む、歯磨きをしたら血が出る、冷たい水がしみる、食べ物を噛んだ時、時々キーンと痛みが走ったり・・。
心配になって歯医者さんへ行ってみたら、歯周病だそうです。
歯が悪いというよりは、歯茎の問題の様です。
歯茎の炎症もあるし、歯茎が痩せても来ているとの事で、きちんとケアしないと、歯がぐらついて抜けてくるといわれました。
歯の丈夫さより歯茎の状態の方が、将来入れ歯になるかに重大にかかわってくるのですね。
これまでは歯が丈夫だったら大丈夫だろうって思っていましたので、大きな誤解でしたね。
歯茎の状態をよくするにはどうすればいいのでしょう。
歯茎をマッサージする、歯を磨く時は強く磨き過ぎない、ってお医者さんには言われています。
でもこれは今の現状を維持するだけの様な気もします。
痩せた歯茎を元に戻すためのいい方法って無いのでしょうか?地道にケアしていたら、歯茎の細胞が増えて元に戻ってくるのでしょうかね。

自宅でムダ毛処理

脱毛を受けたいと思ったことは何度もありましたが、お金も時間もかかるのでどうしても躊躇ってしまいます。
そのため、いつも自宅で毛抜きと剃刀を使用してムダ毛処理を行っています。
もともと毛深い体質なので、剃刀だけだと処理しきれません。
特に足の方は毛が一本一本太いので毛抜きの方が向いているようです。
2,3日程するとまたすぐに生えてくるので、その都度定期的に行っています。
ただ、冬場は足を見せる機会が減るので少しだけサボったりもしていました。
また、毛抜きと剃刀で処理した後は市販の保湿剤を塗布しています。
どうしても皮膚に負担がかかるという記事を目にしてからはしっかりケアするようにしていました。
以前豆乳パイナップルローションが世間で流行った時は、いろんな種類のものがドラッグストアで手ごろな値段で買うことができたのでそれを使用していました。
たしかに、毛が生えてくるのが遅くなったような気がしました。
ただ、最近ではあまり見かけることがなくなってしまい、普通の保湿剤を使っています。
ムダ毛処理にあまり費用をかけたくないので、少し値段の張る抑毛効果のあるローションは使う気になれません。
毛抜きと剃刀で何とか対処していくつもりです。

楽しみながら節約生活

会社の業績が思わしくなく収入が減ってしまいましたので、節約を心がけるようになりました。
節約生活をしていく中で、様々なことに気づきました。
最初、節約生活を始めた頃は苦行のようでした。
苦しい、辛い、我慢といった負の気持ちが積もり、それがある程度まで達してしまうと、「いつも我慢しているし、これくらい贅沢してもいいか」と気が緩んでしまうことが度々ありました。
一度身についてしまった生活水準を下げるのは本当に大変でした。
しかしある時に、楽しく節約ができないか、とふっと思ったことがありました。
そして節約を知的なゲームとして考えてみました。
実際に例えば、いかに安い食材で美味しく料理を作れるか?休日にいかにお金を使わずに子どもを連れて遊ぶにはどうしたらいいか?などと発想を転換してみると、節約がどんどん面白くなっていきました。
ポイントはいかにお金を使わずに満足した生活を送れるかということではないかと思います。
ただ、お金を使わない、というだけでは我慢の連続で辛くなってしまいますので、私は続きませんでした。
また、メリハリをつけることも大事だと思いました。
月に一度少し贅沢な外食をするなど、ご褒美要素を取り入れると節約生活も長続きするようになったポイントだと思います。
また、必要なもの以外、あまりモノを買わなくなったり、今まで必要だと思っていたものが実はそんなに必要でなかったと気づいて止めたり捨てたりと、どんどん生活がシンプルになってきました。
人間本当に大切なモノって案外そんなに多くないように気づきました。
楽しみながら節約生活をできるようになったおかげで、収入が減ったにも関わらず以前よりも貯金ができるようになったくらいです。
興信所 金額

お金と上手く付き合えるようになりたい

私は結婚して家計を預かる身です。
結婚をしてから、住宅の購入や子どもの教育費・車購入の費用など、将来のまとまった出費についてもあれこれ考えるようになりました。
夫は能天気な性格なので、そこまで頭を悩ませなくてもどうにかなると思っています。
こういったお金に対する価値観は、結婚生活を続けていく上で1番大切なことだと思うのですが、私はいつも夫に、この価値観の違いで助けられているな、と感謝の気持ちでいっぱいになります。
夫は奨学金を利用して大学を卒業し、今も自分で返済をしているので、子どもの教育費に関してなんかは全く心配していないようです。
親は子の為に必死になって教育費を準備するのが普通だと思いますが、初めからそれをアテにするのではなくて、困った時には利用するのもひとつの方法だと考えているそうです。
自分も一緒に働いて稼げば、子どもの教育費を準備することが出来ると思っている私は、今まで自分の身を削る想いで正社員として働いてきました。
でも、夫のどうにかなる、という考え方を知り、お金よりも時間をとることに(退職することに)しました。
教育費やあらゆる生活費に関しても、夫はおおらかな考え方をしていて、お金と健康的に付き合えているとさえ思えます。
お金は単なる手段でしかなくて、大事なのは人間性なのだと分かっているのです。
お金をただ貯めることしか考えていなかった私に、色々なことを気づかせてくれました。
もっと大事な人や物を大事にするため、しばらくお金よりも時間を贅沢に使ってみようと思います。
過払い金請求 ブラックリスト

江戸で北海道を食べる

先日スカイツリーに行きました。
残念ながらタワーには登らなかったのですが、「ソラマチ」を楽しみました。
相変わらずの混雑ぶりでしたが、たくさんお店が入っていて、しかもセール中でかなりテンションあがりました。
いろいろ買い物をして夕方になってお腹が空いたので、レストラン街へ行って何を食べようか一緒に行った友人とウロウロしていると、回転寿司に長蛇の列を発見。
お店の名前を見てみると「トリトン」ではないですか!「懐かしい!」というのは依然北海道の札幌で入って、とても美味しかったお店だったからです。
回転寿司とは思えないクオリティです。
ま、回転寿司にしてはお値段が張る気はしますが、とっても美味しいです。
なので普段ならあんまり列に並ぶのが私も友人も好きではないのですが、並ぶことにしました。
並んでいる間に、何枚か「本日のお勧め」の札がはがされてしまって、気が気じゃありませんでした。
やっと座れて、まず本日一押しの「時知らず」を注文!これって珍しいんですよね、私はあんまり鮭得意じゃないのですが、これ本当に美味しかったです。
ここのお寿司屋さん、北海道のネタが多く珍しいもの沢山あるのでそれも楽しいですよ。

いつまでもあると思うな夏野菜

毎日毎日大量に採れたきゅうりやトマトが、あるときからガクッと収量が減り、シーズン終わりが近いことを知ります。
大きなトマトが毎日3つも4つも採れていたのに、小粒なものが2つくらいしか採れなくなりました。
きゅうりは瓜かと思うほど太ってまるまるしていたのに、最近では中学生くらいの大きさかな、というものまで収獲しても、1~2本です。
それまで、いったいどうやって食べようかと頭を悩ませていたくらいだった夏野菜たち、それがなくなり、これからはほしくてももうないのです。
もちろんスーパーには売ってますが、これまでいくらでも畑で採れていたものを今さら買うなんて!いつまでも保存できるものならいいんですけどね。
夏野菜はうわーっと大量にやってきて、あっという間に去っていくって感じです。
保存はむずかしいのです。
それでも干しトマトやお漬物などで、少しでも保存が効くように努力はします。
毎朝、家の横の家庭菜園へスリッパばきで行っては、朝食に添える野菜を収穫する贅沢さ。
いよいよ夏野菜の部は終わりです。
次は秋冬野菜・・・・って、まだ種も蒔いてません。
季節の移り変わりを感じます。

« 前のページ